農業にチカラを、農業で幸せに

新規就農や農外からの参入をお考えの方へ

夢を実現する新規就農。でも、現実はイロイロあります。 順調な農業経営のために、最初に学ぶことがあります。新規参入を検討されている法人の方も、ご相談ください。

新規就農を
お考えの方

農業への新規就農を行う場合、農地法の規制や農業を取り巻く関係機関の多さ、そして会計や税務の特殊性など、 様々なハードルがあります。私たちは長年の研究と経験から、当初から失敗しない農業経営を実現できるよう、適切なアドバイスを行います。

(1)様々な問題をどこに相談すればよいのか

農地をどこに求めればよいのか、栽培作物や栽培方法をどこに相談するのが一番良いのかなど、最初の段階で的確に問題を解決できるよう、私たちのネットワークを使って最適なアドバイスを行います。
(2)農業経営の基本を学ぶ

残念ながら新規就農者の方が、順調に経営を軌道に乗せているケースは多くありません。それは、農業経営の全体像やどのような経営を目指せばよいのかという最初の設計が未熟であることが多いのです。 私たちは農業経営のプロとして、行政やJAの方々がフォローできない経営部分を十分にお手伝いすることが可能です。

農外からの農業参入を検討されている方へ

農業以外の経営を行っている企業が、新たな事業部門として農業参入を考えている場合や、福利厚生や顧客サービスの一環として農業参入を目指しているケースが増えてきています。


(1)農業参入に失敗しないように、事前の課題を明らかにする

本業がうまくいっているからと言って、安易に農業参入を目指してもなかなか思うような経営にならず、撤退していく企業の方も多く見られます。 農業と一口に言っても、作物や栽培管理方法、土つくりや販路開拓など、広範囲の選択肢があり、しかもそれ毎に独自のノウハウが存在します。 私たちは様々な農業経営の研究を行っており、ご希望の経営内容を実現できるようなアドバイスを行うことが可能です。

(2)本業のノウハウをどのように活かしていくか

皆様がお持ちの経営ノウハウを農業に生かしていくことは、農業全体にとっても重要なことです。 またこれを生かすことにより、農業経営を早く軌道に乗せることも可能となります。 私たちは現在の農業経営の欠陥や課題、これを克服するための農外企業のノウハウの活用についても研究しています。その結果を皆様の目標に生かしていただけます。